スマホの目疲れ対策で効果的な方法は?

スマホをみる男

私は目を使い過ぎると左目だけが疲れ目になります。10年近く前に会社の健康診断で目の検査をした時に、先生から「あなたはあと5年位したら左目が悪くなります」と予告をされていましたが、悪い予想が当たってしまったようです。

私は利き目が左で、カメラのファインダーを覗くのは左目ですし、夜中に目を覚ましてしょぼしょぼしながら時計を見るときは左目だけ開けて見ます。私がいつも左だけ疲れ目になるのはこうして利き目の左目をよく使うせいもあってのことでしょう。

目が疲れたときの具体的な症状ですが、眼球がしみるような感じがして、ちょっとした光でも眩しくて凝視できなくなります。同時に肩こりが強くなるような気もします。

最近は特に目の疲れが酷くなってきました。パソコンに長時間向き合う在宅ワークを始めたのと、ラインやワッツアップ、インスタグラムなど、スマホをいじる時間が同時に増えたためです。

これによりパソコンに向かう時間は一日5時間以上、スマホを握っている時間は一日2時間くらいにはなります。目が疲れたとき、一番早く効果が期待できるのは、やはり目薬でしょう。私が使っているのはバイシンです。

目薬が疲れてしみる目に直接落ちると急に目が楽になります。点眼したとたんに嘘のように疲れが引けてゆきます。ただし、目薬が渇いて少しすると、また疲れ目に戻ってしまうので、近くに置いておいて頻繁に目薬を差さなければなりません。根本的な解決にはなっていないのです。

ですから、事前に疲れ目にならないように気をつけるべきだと思います。疲れ目の予感がしたら、パソコンやスマホから離れて目を閉じて目を休めることが一番大切だと考えます。

ところで一度、友達からもらった、蒸気で疲れ目を癒すアイマスクを使ってみたことがあります。ラベンダーの香りのする使い捨てアイマスクです。袋を開けた直後に、カイロのように温かくなり、ラベンダーの芳香を放ちリラックスした気分になれます。

この温かくなったアイマスクをして夜寝ると、次の朝目がスッキリして気持ちが良かったです。自分へご褒美をあげたいときなど、また試したいです。こういう商品がたくさんできるといいと思います。

【スマホえんきん】スマホの目疲れ解消サプリは効果ある?(TOP)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です